ニーズを先取りした
事業展開で
唯一無二であり続ける

専務の中川です

働く事に喜びややりがいを感じられる会社に

はじめまして、専務の中川です!

中一陸運は1963年創業、従業員14人、トラック8台からスタートした会社です。
「Only One Nakaichi」の実現を目指し、運輸・倉庫・デジタルアーカイブの3 事業で他社と差別化を図るクオリティの高い安心・安全なサービスと先進的なビジネスを展開しています。

創業社長は父ですが、実は私は家業を継ぐ気はまったくありませんでした。
ところが、20年前父が急病で倒れ、余命宣告までされてしまっていたため
「支えなければ」と、勤めていた大手通販会社を辞め、継ぐことになったのです。
運送業のことを知らなかったので、最初の2年間はお取引先で業務のイロハを学び、中一陸運に入ったのですが、意気込みばかりが先立ってうまくいかないことが多々ありました。
ドライバーの安全教育や利益改善指導など力を入れてやるほど、雰囲気が悪くなるばかり。
大切なのは押しつけの教育や指導ではなく、一人ひとりの社員の思いや頑張りに目を向け、評価すること。それに気づいてからは良い結果が得られるようになりました。

コロナ禍でここ数年は開催できていませんが、社長も私も、懇親会などみなさんが顔を合わせ、時間を共有できる場を大切にしています。
「中一陸運で働いてよかった」
「やりがいのある仕事ができる」と言っていただける会社にしたいと強く思っています。

当社に少しでも興味をもっていただけたなら嬉しいです。

中一陸運の強みを更に強化

運輸・倉庫・デジタルアーカイブ事業を融合

坂間です。
顧問として5年前から中一陸運とともに歩み、客観的な視点から課題を見つけ、
強みをさらに高められるように取り組んでいます。

そんな私から見た中一陸運は、しっかりとした強みがある会社だと思います。
創業60周年の歴史ある企業ですが、それに甘んじることなく新しい事業にチャレンジしていてこの先の成長が楽しみでなりません。

創業時から得意としているのは船舶部品など重量物の輸送。
2020年4月からは、倉庫事業の新しい拠点として駒形物流センターをオープンしました。
荷物を運ぶだけ、預かるだけでなく、
中一陸運は運送、保管を連携し、ワンストップでサービスを提供できます。
また、デジタルアーカイブ事業も展開し、書類や文書のデジタル化も行っています。
倉庫を持っているので資料や文書の保管ができ、付加価値を提供することもできます。
会社としてこれら3事業の拡大・強化という目標がはっきりしているので、
従業員は前向きに取り組めるのです。

創業社長と専務という揺るぎないマネジメント体制があるのも安心で、
倉庫事業の強化拡大とともに、幅広い業界で活躍していた人材をメンバーに加えたのも良い刺激になっています。

2024年問題に向けて、ドライバーのみなさんの働き方改革も進めています。
お客様へのサービスレベルの向上も変わることなく取り組んでおり、
次のステージに向け、社員一丸となって頑張っています。

中一陸運について

当社は運送会社として創業し、専門性の高い重量物の輸送に強みがあります。
しかし、それだけに依存していてはこの先事業を長く存続、発展させるのは厳しくなります。

そこで注目したのが、運輸ネットワークと連携してお客様に提案できる倉庫ビジネス。
きっかけは、物流を請け負っていたお客様から貨物置場の手配を頼まれ、自社敷地内で対応した事がきっかけでした。
法改正により、倉庫転用可能になった駒形IC 真横のベストな土地と出会いがあり「今だ!」と決断し約8000坪の土地を購入、倉庫事業に本格参入しました。
それが2020年4月に竣工した駒形物流センターです。2022年1月には、重量物クレーン倉庫も同敷地内に竣工。
群馬県内に重量物倉庫が、駒形、伊勢崎、太田と3拠点体制になりました。

また、デジタルアーカイブ事業も大きな可能性を感じている事業です。単に紙の資料や文書をデジタル化するだけでなく、
当社では、色の補正やデータ加工という難易度の高い要求にも対応できる技術と設備を備えています。
ペーパーメディアのデジタル化には輸送や文書保管も必要で、ワンストップで提案できる体制を整えています。

【運輸事業】
さまざまな車両を保有し、海上コンテナの輸送、船舶のディーゼルエンジンや高速道路トンネルの非常用発電装置といった大型製品の運搬などを行っています。
群馬県は高速ネットワークにより首都圏、上信越、東北、東海、近畿を繋ぐ物流拠点で、輸送量が大幅に増えています。

【倉庫事業】
北関東エリアの駒形( 前橋)、伊勢崎、太田( 藪塚) の3 拠点に倉庫施設があります。一般保管倉庫では温度管理が必要な製品の保管ができ、倉庫内作業、流通加工にも対応。お客からのご要望が多い重量物クレーン倉庫では、高品質かつ高効率の保管、荷役作業を実現しています。

【デジタルアーカイブ事業】
⼩さな書籍から⼤判の図⾯まで、あらゆる資料をデジタル化。情報セキュリティに関するISMS認証も取得し、個⼈情報が記載されているような機密性の⾼い⽂書も万全のセキュリティー体制で対応しています。

社員を紹介します!①

  • ドライバー

    鷹巣さん(59歳)

    社歴:15年
    中一陸運はドライバーの仲間意識が強く、チームワークがすごくいい!普通、ドライバーは一人で運送しますが、ここは大手荷主さんの案件が多く、トレーラー2台、3台と連なって運ぶことがあります。自然とドライバー同士でコミュニケーションする機会が増え、チーム感が生まれます。仕事が終わってからも仲が良く、本当に楽しいです!
    趣味:ゴルフ

  • ドライバー

    千葉さん

    社歴:11年
    趣味:ツーリング!
    ドライバー歴33年、この会社で3社目になりますが、こんなにいいところはないですね。社長や専務が常に話しかけてくれるので何でも相談しやすい!やりたい仕事にチャレンジしやすい!直談判して、牽引免許も取得させてもらいました。ドライバーの仲も良く、仕事を離れても飲み会やバーベキューに行ったりしますね。今の会社のままで、このまんまがいいです!

  • 伊勢崎本社倉庫・駒形物流センターの責任者

    富田さん

    社歴:3年
    倉庫は新事業なので昔からのやり方があるわけではなく、どうすれば作業しやすいかをみんなで考え、意見を出しあってできるのがいいところ。全員未経験ゆえにぶつかることもなく、一体感があります。会社も現場の意見や要望を尊重してくれ、やりたい仕事にチャレンジでき、やりがいがあります。

  • 倉庫オペレーター/駒形物流センターの現場責任者

    浅田さん(53歳)

    前職は印刷業。ガテン系でせっかちです。お客様はいろいろな時間帯にさまざまなものを持ってこられるので、せっかちな性格を活かして臨機応変に素早く対応しています。

  • 倉庫オペレーター/駒形物流センター

    石井さん

    社歴:6か月目
    前職は製造業で、入社後にフォークリフトの免許を取得しました。寡黙ですが、言われたことは丁寧にやります!

社員を紹介します!②

  • 倉庫オペレーター/駒形物流センター

    辻さん(73歳)

    社歴:2年目
    もともと精肉の卸業をやっていて、商品の手配など流通にも携わっていました。フォークリフトの免許は持っていたんですが乗ったことはなく、ここで初めて操作しました。関西出身で、少々言葉は荒っぽいですが、今は場の雰囲気に合わせてます(笑)

  • 倉庫オペレーター/伊勢崎本社倉庫の現場責任者

    松田さん(38歳)

    社歴:2年目
    前職は製造業の品質保証を担当。運送業は初めてで、フォークリフトの免許は持っていましたが、入社してから実際のクレーンや玉掛け作業を始めました。いろんなところに気が回るタイプです。

  • 倉庫オペレーター/伊勢崎本社倉庫

    橋本さん(43歳)

    半年前まで印刷会社で製造、管理をしていました。フォークリフトに乗るのもこの会社に入ってからの挑戦です。よくしゃべります(笑)

  • 倉庫オペレーター/伊勢崎本社倉庫

    美細津さん(38歳)

    社歴:半年
    おとなしい性格だと思います、だいぶん慣れてきて、ようやくみんなといろいろつきあえるようになりました(笑)

写真で見る中一陸運

選考の流れ

  1. 応募

    ご応募いただき、ありがとうございます!
    内容確認後、追ってご連絡いたします。

  2. 面接

    お互いのことをよく知るため、対面での面接を1回予定しています。
    面接時に履歴書(写真貼付)をご持参ください。

  3. 内定

    一緒にお仕事ができるのを楽しみにしています。
    ※面接後、5日以内にご連絡させていただきます。

  4. 入社

    一緒に楽しく働きましょう!

募集中の求人一覧